意外とある??施工会社が倒産してしまった場合の対処法

工事の継続は施工会社の状況によって変わる

施工会社が倒産してしまった場合、工事は最後まで行ってくれるのか、不可能な場合は返金してもらえるのか、気になる点は沢山ありますが、その時の施工会社の状況によって変わります。未完成の状態の建売住宅を購入する時は、保全措置がとられているので返金される可能性があります。しかし注文住宅の場合は基本的に保全措置がとられていないので、施工会社が倒産してしまえば手付金が戻ってくることはないでしょう。

工事が継続されるかどうかについては、施工会社の状況によって変わります。倒産した施工会社が破産してしまった場合は、事業が停止してしまうため工事は継続されず、支払った着工金や中間金は戻ってこない可能性が高いです。その場合は、自分で新たな施工会社を探す必要があります。しかし施工会社が民事再生、会社更生などで再建した場合は、契約は継続状態になり、引き渡しまで進むでしょう。

住宅完成保証制度に登録している施工会社を探しておく

せっかく注文住宅を依頼しても、施工会社が倒産してしまってはどうしようもありません。このような事態を避けるためにも、事前に施工会社をリサーチして、住宅完成保証制度が適用される会社を探しましょう。住宅完成保証制度とは、施工会社が倒産した場合でも保証会社がサポートし、工事を引き継いでくれる施工会社を探してくれる制度です。一定の過払金や追加工事金に関しても保証してもらえるので、お金が何一つ戻ってこなかった、というトラブルを避けることができます。住宅完成保証制度を利用するためには、この制度に登録している事業者を見つけ、契約の際に制度の保証を受けられるか確認する必要があります。HPなどを検索すれば調べることができます。もしも制度を受けられない施工会社と契約してしまい、会社が倒産してしまった場合は、新たに自分で施工会社を探し、住宅完成保証制度が適用されるかを確認してください。