実物を見ておきましょう!注文住宅に使用する材料について

理想のマイホーム造りに適した注文住宅と工期に関する注意点

注文住宅は建物の間取りや外観、使用する建材の種類に至るまですべての事柄を建て主が選別出来る建築方法を指します。一般的な建売住宅は建材選びから部屋数、設備の配置場所のすべてを不動産会社が決めるので、住宅を購入する人は口出し出来ません。注文住宅はその点、あらゆる事柄に関して希望を提示し、実現に向けた調整を行うことが出来るので理想通りのマイホームに仕上げることが可能です。その一方、注文住宅は建て主の希望を最大限まで形にすることから、建材の作成や建築方法などの要因で工期が長くなることがあります。特に建材については一定の規格に沿って量産された物を使う建売住宅とは異なり、設計の段階から始める必要があるので同じような造りの建物でも完成までの所要時間が大きく延びてしまうのが普通です。

注文住宅の工期を短縮させるための工夫

注文住宅は理想のマイホーム造りには最適ですが、完成までの時間が長くなりやすい欠点もあります。工期を出来るだけ短くするには、住宅建築に関する考え方を見直すのも工夫の一つです。建築用の建材のすべてを設計から始めるのではなく、寸法やデザインが決まっている物は注文住宅用の既製品を選ぶことで工期の短縮が可能になります。また、断熱材のようにすべての住宅で用途が決まっている建材については独自のデザインを取り入れる余地は無いので、プロの業者に任せるのが無難です。理想のマイホームを建てるにはこだわりを持つことが重要ですが、既製品で間に合う部分については積極的に既製品を取り入れるのが住み心地が良く耐久性が高い建物に仕上げるための工夫になります。

分譲住宅とは、住宅メーカーなどが販売する住宅用地もしくは土地付き住宅のことで、いわゆる建売住宅とも呼ばれます。更地で購入する場合には、建築条件として販売する住宅メーカーの建物を建てます。