注文住宅のお金に関すること

意外とある??施工会社が倒産してしまった場合の対処法

施工会社が倒産してしまった場合、工事は最後まで行ってくれるのか、不可能な場合は返金してもらえるのか、気になる点は沢山ありますが、その時の施工会社の状況によって変わります。未完成の状態の建売住宅を購…

トラブル回避!工事の進行具合に合わせて支払いましょう

注文住宅を建てる際に意外とあるのが、工事を請け負っている工務店の倒産です。例えば散々打ち合わせをした挙句、いざ施工するといった段階になってから、連絡が取れなくなってしまうのです。しかもこれはお金を…

確認必須!見積もり書には細かく明記してもらうと良いです

見積もり書は細かく確認するのが鉄則

注文住宅を建てる際には、様々な使用打ち合わせが必要になってきます。使用打ち合わせとは、床材や壁紙、水回り機器の種類や色のほかどの建材を使用するかを決める話し合いのことです。この時によくでてくるのが、自分が想像していた物が見積もりに入っていなくて、追加料金が発生するというケースです。ショールームやカタログ等で見た物が完成形と思っていたけど、実は別料金だったという経験をしたかたも少なくありません。 注文住宅の場合、間取りや空間を自由設計できることが特徴ですが、決めなくてはいけないことが多くある為、どうしても頭の中が混乱してしまいがちです。とくに水回り商品などは、様々なオプションが用意されています。契約する前に見積もり書の項目をひとつひとつ注意しながら、自分が想像するものと一致するかどうかを確認しましょう。

電気や外構工事の範囲を細かく確認をしましょう

電気工事の範囲は使用打ち合わせの時に、スイッチやコンセント、照明の位置などを細かくきめていきます。一般的には、間取りに応じて取付けの数が決めてあるケースがおおく、増えた分は追加料金が発生するということになります。ここでの注意点としては、照明器具は依頼しない限り自分達で用意しなくてはいけないという事です。なかには標準的なプランとして見積もり書に記載している会社もありますが、オプションの場合がほとんどですので、よく確認することをおすすめします。 外構工事の場合も電気工事と同じように注意が必要です。玄関のポーチ(床タイルなど)は、見積もり書の中に標準的に入っていることが比較的多くみられます。しかし、門まわりから玄関までの床や車庫の土間などはオプションの場合がほとんどですので、電気工事と同様に細かく確認することが懸命です。

贅沢な家を手に入れるなら注文住宅

注文住宅には、フルオーダー住宅とセミオーダー住宅に分けられます。フルオーダーは自由度が高く、セミオーダーはある程度決められた範囲内で決めることになります。

工期を無駄に伸ばさない方法

注文住宅を建てる時に起こりがちなのが工期の延長です。工務店側の事情で伸びてしまう場合は別として、施主の都合なら追加費用が発生する可能性が高いです。そのため工期が延びないようにするためのコツを紹介していますので、ぜひ参考にしていただきたいです。

実物を見ておきましょう!注文住宅に使用する材料について

シンプルが一番??家の形を複雑にした場合の注意点

すべてに口を出すのは駄目?任せられるところはプロに頼りましょう